トップページ > 貿易事業部 > 輸入関連事業

輸入関連事業

当社は、低農薬又は無農薬かつ化学肥料を一切使わない有機肥料・ABANT・オーガニックカルシウム剤等で生産されたベトナム産の「安心・安全な野菜や果実類」及び「木質チップ・木質ペレット」を輸入販売しています。

現在は、日本の大手コンビニ向けにベトナム最大手企業が生産したキャベツや白菜等の輸入を手掛けています。ベトナム産の果実・野菜類・木質チップ・木質ペレットの仕入・販売等を検討されている企業・商社様、是非一度当社までお問い合わせ下さい。

ベトナム産木質チップ・ペレット対日輸入事業

ベトナムのアカシア木質ペレットは、日本のバイオマス発電所用に最適なものです。

木質ペレットは、石油などの化石燃料と比べ、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量が大幅に少ない燃料であり、低環境負荷のバイオマスとして近年注目が高まってきています。

もちろん、木質ペレットも化石燃料同様、燃焼時には二酸化炭素を排出しますが、それは、材料の木材が成長過程の光合成で吸収した量と同じで、差し引きゼロ、いわゆる「カーボンニュートラル」になります。弊社の方式では、伐採と同時に植林を実施し、カーボンニュートラルを維持しながら永続的供給が可能です。

つまり、地球環境にやさしく、森林を維持しながら開発途上国の経済を助け、日本の安定的な発電計画に大きく寄与するものです。 また、日本企業向け規格適合品のアカシア100%およびユーカリ100%の、製紙用木質チップの大量供給が可能です。

弊社と、愛知県に本社を置く株式会社NKYは業務協定契約を締結しており、一体となって事業展開しております。

しかも、複数の日本人技術者が現地に常駐して品質管理を行い、同時にトヨタ方式の原価低減活動を実施して、高品質かつ低価格での大量供給を実現させています。

また、ベトナム産以外にも、カナダ産松をマレーシアで家具に加工した際に発生する端材やおがくずを使用したペレットもあります。更に、日本のバイオマス発電所で現時点では主流となっている、マレーシア産及びインドネシア産PKS(パーム椰子オイルを採った殻)も、木質ペレットへの切替までのつなぎの役割があるので取り扱っています。


[NKY社のアカシア木質ペレット(ベトナム産)概要]

  • バルク船:10,000MT(1万トン)~
  • 20フィートコンテナ:19~20MT
  • 生産工場:ベトナムFSC-CoC認証工場
  • 日本人技術者(5名)常駐・品質管理指導・生産管理指導
  • SGS検査結果、ISO/FSC認証証明書提出可能
  • 工場直供給証明書発行可能(15年間~20年間)
  • 工場設備情報提出可能
  • 工場視察可能
  • (現在コロナ禍のため、渡航できません。再開は未定です。)
  • *生産能力1,620,000MT/年(契約工場7工場の合計)
  • *出荷可能数量:80,000MT/月(契約工場7工場の余力)
  • (今後、現地での合弁や独資での工場建設を積極的に展開中です。)

  • 販売実績
  • 木質ペレット:韓国・EU諸国 (日本各地発電所燃焼テスト用供給中)
  • その他の販売実績
  • 木質チップ:中国大手製紙メーカー
  • マレーシア産PKS:5万トン/月、日本に輸入販売中。

  • ※上記のNKY社グループ企業以外に、アローフィールド社独自の取引先工場6社あり。
  • このうちの一社は、日本の大手商社経由で発電所用木質ペレットと製紙会社向け木質チップを納入中。
弊社及びNKY社共に、商社用FSC-CoC認証資格を取得しました。

FSC認証内容
認証登録番号 :SA-COC-007873
CW番号 :SA-CW-007873
ライセンス番号:FSC®C158495

また、PKSについても2023年4月に導入が予定されているRSB認証適用に合わせて、現地工場は勿論、株式会社NKY及び弊社も認証取得を計画中です。

>>>当社におけるベトナム産木質チップ・ペレット対日輸入事業の詳細は、をご覧下さい。

>>>当社におけるインドネシアカリマンタンPKS工場の詳細は、をご覧下さい。

主なベトナム産野菜・果実の取り扱い品目

[当社取扱品目]

レタス、白菜、長ネギ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス、大根、人参、メロン、ドライフルーツ、ココナッツミルク、スプレーマム(菊)、オンシジューム等

お問い合わせ
TEL:0798-75-1100
※平日(祝日含む)am9:00~pm6:00
FAX:0798-75-1101
※必ず、連絡先・氏名を記載して下さい。

このページの先頭へ