トップページ > 貿易事業について

貿易事業について About trading business☆

1.1 太陽光パネル・バイオマス関連など

ベトナム製 太陽光パネル、太陽光モジュール・中国製 太陽光発電関連機器/設備・発電所用の新規取り扱いを開始いたしました。

また、ベトナム産及びインドネシア産の木質チップ【燃料用・製紙用】&ペレット【燃料用・動物敷料用】の輸入及び第3国への輸出に関する事業を展開しています。

製紙用アカシアチップの2023年度の販売見込み量は150万BDMT(約300万トン)です。

燃料用木質ペレットは、ベトナム産及びインドネシア産で、それぞれ用途と供給可能量及び価格で各種の取り揃え「FSC認証品・I1~I3ランク品」があり、日本の発電所での使用も想定したものとなっております。

また家庭用暖房ストーブ用として、直径6mmのペレットを日本向けに提供させていただきます。

その他、動物敷料用のペレットもご用意できます。

パームオイル抽出過程で排出された殻を精練したPKSも、発電所用燃料として最低注文量概ね1万トン/回以上からご用意(バルク船使用)できます。

他には、大型ボイラー用「インドネシア産石炭」、中国産「尿素水AdBlue」、アメリカ産・スウェーデン産・カナダ産・ポルトガル産・ウルグアイ産「パルプ」、中国産「農業用尿素ペレット」、中国産「コピー用紙」、中国産「静電紙print roll paper」の取り扱いをしています。

詳しくは、下記、【2. 輸入関連事業】をご覧ください。

1.2 鉱物関連

インドネシア産の良質で安価な石炭及びマレーシア産またはインドネシア産のガラス製造用材料としてのシリカサンドの、輸入及び第3国への輸出に関する事業「最低注文量概ね1万トン/回 以上で、通常5万トン/回のバルク船を使用」を展開しています。

1.3 農業関連

2016年6月には、合弁会社【ARROWFIELD VIETNAM CO.,LTD】をベトナム・ハノイ市に設立し、2017年5月のベトナム農民協会との協定書取り交わしをきっかけに、ベトナム農業の発展に貢献すべく尽力しています。それを皮切りに、海外への有機農業資材販売と普及活動を行っております。2019年1月からベトナム最大の財閥であるVinグループの農業法人であるVin Eco社との取引を開始しました。(Vin Eco社については、現在は事業分割され、他社大手スーパーマーケットチェーンに譲渡されています)農業用尿素ペレットについて、中国の大手商社と提携し、品質が良くて安価なものを大量に供給できます。(日本での輸入・販売許可取得済み)発酵鶏糞(粒状及びペレット)について、国内の養鶏業者から直接買い付けたものを海外へ供給(最低注文量概ね500トン/月)できます。

1.4 衛生関連

使い捨てグローブ(ニトリル・PVC等)について、マレーシア及び中国の大手メーカーから大量に輸入できます。また、OEM生産品として専用パッケージの設定も可能です。

除菌消臭剤ABANT(水溶液)については、当社が製造者としてスプレータイプを直接販売しております。ABANTは、あらゆる細菌やウイルスを除菌できます。

また、養鶏場・養豚場・葉物農場等で現地にて真水で希釈して大量に使用できるよう、その原材料であるパウダーも併せて輸出ができるよう活動しています。

2. 輸入関連事業 Import-related business

  • 「ベトナム製 太陽光パネル・太陽光モジュール」
  • 「中国製 太陽光発電関連機器/設備」
  • 家畜の敷料「インドネシア産木質ペレット」
  • 発電燃料や製紙原料に最適な「ベトナム産アカシア材やユーカリ材の木質チップ」・「アカシア材の木質ペレット」
  • 発電所用・大型ボイラー用「インドネシア産石炭」
  • 「中国産尿素水AdBlue」
  • 「アメリカ産・スウェーデン産・カナダ産・ポルトガル産・ウルグアイ産パルプ」
  • 「中国産農業用尿素ペレット」
  • 「中国産コピー用紙」
  • 「中国産静電紙」

3. 販売・輸出関連事業 Sales / export related business

  • 安全・安心な果実・野菜類の生産・提供を可能とする有機農業資材「植物活性剤・ABANTアバント・オーガニックカルシウム剤等」
  • 日本製「発酵鶏糞」

4. 農業コンサルティング事業 Agricultural consulting business

安全安心な果実・野菜をモットーに、
  • 日本産の種や苗及び有機農業資材・発酵剤・オーガニックカルシウム剤の提供
  • 有機栽培農法の技術指導や支援
  • 作物の販売先【日本・タイ等】の提供
により、生産から販売までプロデュースします。

ピックアップ情報

2018年4月9日ハイズォンプロセスセンターを訪れたベトナムのフック首相(2023年1月18日付退任)より、下記要請がありました。
  • 日本の農業技術を教えて欲しい。
  • 安心安全な農作物の生産に協力して欲しい。
  • 生産品種・生産量増加及び輸出量増加に協力して欲しい。
  • 日本の技術指導で生産作物の具体的な販売先を確保して欲しい。
画像

合弁会社情報(ベトナム)

2016年6月、当社90%出資の合弁会社「ARROWFIELD VIETNAM CO.,LTD」をベトナム・ハノイ市に設立しました。
※2018年5月、当社の比率を99%に高めました。
  • 立: 2016年6月13日
  • 会社名: ARROWFIELD VIETNAM CO.,LTD
  • 資本金: 90,000USD
  • 的: ベトナムでの有機農業資材販売と普及、野菜・木質チップ&ペレットの日本への輸出

新着情報

2020/07/02
ハノイ市に本社を移転しました。
2018/04/09
ハイズォンプロセスセンターにてベトナムフック首相(現国家主席)の訪問を受けました。
2017/10/03
ハイズオン市に本社を移転しました。
2017/06/01
5月15日の調印式でベトナム農民協会と農業協力覚書を締結しました。画像
2016/06/29
ベトナム・ハノイ市内に当社90%出資の合弁会社を設立しました。
2016/03/28
台湾産グラジオラス、2015年度分の輸入が終了しました。
2016/01/26
蘭用に化学肥料のベトナム向第1回輸出 ロット20.8トン開始しました。
2015/12/01
台湾産グラジオラス、2015年度分の輸入を開始しました。
2015/03/26
台湾産グラジオラス、2014年度分の輸入が終了しました。2015年11月から2016年3月までの輸入販売数は120万本です。
お問い合わせ
TEL:0798-75-1100
※平日(祝日含む)am9:00~pm6:00
FAX:0798-75-1101
※必ず、連絡先・氏名を記載して下さい。

このページの先頭へ